推薦者からの8つのキーワード

S   センス

これはサイトを作ってもらう上で、とても大切なことです。
例え、同じ材料を渡したとしても、直ぐにプリンシプルをつかめるかどうかが鍵を握ります。そして、掴んだものは、感性が豊かでなければ、表現できません。センスとは、洞察力であり表現力だと思います。
モット言うなら、知性と感性は、表裏一体なので、知性が高くないと、相手から要求されている以上のものが出来ないと思います。

S スピード

これは、情報処理能力、つまり並列脳です。そして、タイミングにも繋がります。
その根底にあるのは、相手の立場を思いやる気持が付帯してるからこそ出来ることです。自分のことを優先していたら、スピードも落ち、その結果、タイミングがズレるのでそれをカバーしようと焦ります。その結果、その人の自我が表れ、感動する作品にはならないです。

A   アビリティー、能力

まさにプロとして問われるところです。どれだけ、相手の望んでいることを形にできるかです。
その為には、知識のレベルの高さが重要です。10個の知識か、1000個の知識か、どちらの人が、アビリティー、能力が高いかです。それは、人を愛することにも繋がると思います。
愛とは技術、思いだけでは人は守れない…天外先生の言葉です。

I   アイデア

これは、自己への期待でしょうか。上位概念が高いからこそ、情報空間にある質の高いアイデアと縁起できます。
常識に囚われていたら、アイデアは生まれません。
だから、自由度の高さとアイデアとは比例していると思います。

I  イマジネーション

そのまま、想像力のことです。
物理空間状で、相手の望んでいることを聞いて、そこからイマジネーションを使って、情報空間まで広げることで
どんなサイトにするか、インスタンス上に見えて来ます。
イマジネーションのレベルは、そのまま知識のレベルです。これは、人との関係も同じで、相手を理解することで
まだ、本人も気付いてないことが、見えて来る。つまり、相手の向こう側を理解し、形にできる能力です。

U  アンダースタンド

相手を理解する、「分かってあげる』ということです。
その会社、その人のことが『分かる』と、作る側の上位概念により情報空間まで引き『あげる』ことができます。つまり、発注した本人の概念にはない、質の高いサイトが出来る訳です。
人との関係においても、どちらかが『分かってあげる』という意識を持つ事で、いい影響を及ぼすことができると思います。
RIKAISHIMASU..これを地球から宇宙に向けて発信していると先生から聞いたことがあります。宇宙共通の信号ですね。

K カインド

直接的には、親切とか、思いやりを意味しますが、そこには『人ありき』という精神があると思います。
そして、してもらった側が『親切』だと感じることであってする側が思うことではありません。欣也さんは、親切に
しよう!なんて、意識で思っている人ではありません。
無意識にやってしまう、もっと言うなら、それがスタンダードになっているのだと思います。

T   テーマ

これは、人生においてとても重要です。
ゴールを設定する、と同時にテーマがあると途中、何かあったとしても揺らぐことがないです。例え、揺らいだとしても、全ては、学びの材料でありゴール設定へのプロセスだと考えられるからです。
こういう人は信頼に値します。
テーマのない人生は、仏を彫って魂入れずと同じようなものかもしれません。

 

>> 制作事例

Tags: ,